格安航空券って何?

格安航空券とは、旅行会社がパッケージ旅行商品を作るために航空会社から安く仕入れたチケットを個人顧客に販売するものです。旅行会社はパッケージ旅行商品を作るために一度にまとまった量を飛行機会社から購入するため、個人が一枚一枚飛行機会社から購入するよりも割安な価格で仕入れる事が可能なのです。この割安に仕入れた航空券を個人顧客向けにばら売りをしているのが格安航空券です。
格安チケットの料金は、利用するシーズンや路線によっても異なりますが、正規運賃チケットに比べるとかなり安いのが一般的です。中には正規運賃の半額以下の価格で購入できる事もあります。
料金が安い分、購入後のキャンセルが不可であったり、フライトの変更が出来ないケースがあるといった一定の制約はありますが、今では殆どの旅行客がこうしたチケットを利用していると言われています。尚、対象路線は国内と海外の両方があり、ほとんどの路線においてこうした割安チケットは販売されています。

飛行機国内線のご紹介

ピーチ・アビエーション特集なら→TRIP STAR

格安航空券が安い理由

なぜ航空券を安く購入できるのでしょうか。それには、いくつかのワケがあります。
まず、一つ目のワケは、販売会社が仕入れのコストを抑える工夫をしていることです。旅行会社などの販売会社は、航空会社から、ツアー扱いの利用や、搭乗日が7日前に迫っているなど、売れ残ったものを仕入れるなどの工夫により、仕入れのコストを抑えています。
二つ目のワケは、利用者に対し様々な制約をかけ、安定した収入が得られるような工夫をしていることです。格安航空券を予約すると、利用のキャンセルや便の変更などができないことが多く、また、仮にキャンセルや変更ができる場合でも、手数料は高めに設定してあります。この制約により、なるべく予約通りに搭乗してもらうことができ、収益を安定させることができます。
また、この他にも、マイレージ積算率が仕入れ方法の関係で50%になっていたり、事前の座席指定ができなかったりといった制限がかかっていることもあります。
このようなワケのある格安航空券ですが、これらの制約を許容できれば、やはり魅力的です。国内旅行の移動手段として、ご一考されてみてはいかがでしょうか。